住信SBIネット銀行住宅ローンの手数料はいくら?

住信SBIネット銀行で住宅ローン借り換えをする場合の手数料は?

<明示されている手数料>
※ここに掲載した項目以外にも手数料がかかる可能性がありますので、実際の取引の際には、よく確認してください。

 

住宅ローン契約時に必要な手数料

 

◆ 事務取扱手数料:借入金額の2.1%(税込)
◆ 保証料/保証事務取扱手数料:0円
◆ その他

 

住宅ローン利用中に必要な手数料

 

◆ 一部繰り上げ返済手数料:0円
◆ 全額繰り上げ返済手数料:0円(変動金利期間中)、31,500円(固定金利特約期間中)
※ミックス・ローンを利用時、契約ごとに各手数料がかかります
※ペアローンを利用時、ペアとなるご契約者ごとに各手数料がかかります。

 

◆ 証明書の発行手数料
融資内諾証明書:840円(税込)
住宅借入金等に係る借入金の年末残高証明書:0円
住宅借入金等に係る借入金の年末残高証明書(再発行):0円
残高証明書:840円(税込)
利息証明書:840円(税込)

 

◆ 金利タイプ変更手数料:5,250円(税込)

 

 

<住信SBIネット銀行住宅ローン借り換えの諸費用>
◆ 団体信用生命保険料 無料(銀行負担)
◆ 全疾病保障特約保険料 無料
◆ 印紙税 2,000円〜6万円
◆ 抵当権設定費用 登録免許税 借入額の0.4% 司法書士への報酬 6〜10万円程度
◆ 火災保険料 保険会社によって異なる。

 

住信SBIネット銀行で住宅ローンを借り換える場合(残高2000万円・残り期間20年・固定金利2%)でシミュレーションした結果、諸費用は概算で約60万円となりました。

矢印
申し込み

住信SBIネット銀行住宅ローンの評判をまとめました!

 

ミックスローンが魅力的!

とにかく金利の安さが魅力。固定金利で返済額を確定したいけど、今の変動金利の低金利の魅力も捨てがたいと思っていたら、固定金利と変動金利を合わせたミックスローンという方法があった。


 

 

万が一の備えの充実が魅力!

団体信用生命保険の保険料負担をしてくれる銀行は他にもありますが、8大疾患保証保険の保険料まで、住信SBIネット銀行が負担してくれるので、返済中の万が一の備えも含めて考えると、非常に大きなアドバンテージ。トータルで考えると、とてもお得。


 

 

繰り上げ返済が楽しい!

一部繰り上げ返済手数料無料で、ネットでシュミレーションしながら手続きできるのでちょっと楽しい。


 

 

手続きに時間をとられないのがいい

申込みから借入れ実行までネットと郵送だけで手続きできるので、銀行に行く時間をとられなくて済み、時間と手間の節約になって助かった。


 

 

本審査の結果が出るまでの時間が読めない

仮審査は比較的短時間で気軽にでき(2秒で終了したという例も)、本審査に進める。人気が高いせいか、本審査の結果が出るまでに時間がかかる可能性があること(時間が読めないこと)がネックだと思う。(クチコミでは、実績として2週間くらい〜3カ月と幅がある)融資決定までに時間がかかるため、その間に金利が大幅に上がってしまわないことを祈るのみ。(金利の決定は当然融資決定してからなので)


 

 

審査の結果が出るまでが長い…

本審査の結果が出るまでに時間がかかり、結果として審査が否認されると不満度が高くなる。


 

 

細かいところにもお得感が

返済用に開くことになった住信SBIネット銀行の口座では、他行振込が月3回まで無料、コンビニATMの利用手数料が無料だったりと、細かいところで結構お得があります。


 

矢印
申し込み

住宅ローン借り換え手数料TOP 楽天銀行手数料は? 新生銀行手数料は? 借り換えのタイミング おすすめ銀行!